プロが教える失敗しない土地の活用と家の売却
トチカムについて

コインランドリー経営での土地活用で失敗しない!「儲からない…」と嘆かないための全知識

これを読めばコインランドリー経営は完ぺき

「一家に一台洗濯機がある時代に、コインランドリー経営ってうまくいくの?」

きっとこのように思われてる人は多いでしょう。

結論から申し上げますと立地条件や利用者ニーズを読み違いなければ、土地活用でのコインランドリーは成功の見込みアリです。

というのもコインランドリーの需要は”いまだに高い”から。

これまでの主な利用者である上京したての学生や社会人だけではなく、働くお母さんたちや外国人観光客の利用が増えています。

  • コインランドリーってどうやって経営するの?
  • どんな土地が向いているの?
  • 具体的にどのくらい稼げるの?

などの質問にも本記事では十二分に答えていきます。

これからコインランドリー経営を始めるなら、信頼できる相談相手を見つけておくことが大切です。

右も左もわからない状況で、いい加減な業者や担当者にあたってしまうと成功の可能性が低くなってしまいます。

 

土地活用において信頼できるパートナーを探すのには、一括資料請求サービスへの登録がおすすめ。

登録しておくだけで、あなたの土地に対して収益化プランを見出した業者からのアプローチを待つことができます。

提示されたプランを比較検討して「本当に自分の成功を願っている担当者・業者なのか」を判断しましよう。

 

登録先としては年間700万人以上のオーナーが利用しているHOME4Uがおすすめです。

業界最大手のNTTデータグループが運営しているので、安心して相談できます。

▼無料で複数プランを比較検討▼
HOME4Uで土地活用一括資料請求する

Contents

コインランドリー経営の最新動向と基本情報

コインランドリーはご存じ、備え付けの洗濯機にお金をいれて洗濯できる店舗のこと。

オーナーさんの土地に店舗を構える”というのが土地活用としてのコインランドリー経営です。

この先もコインランドリーの需要は増えていく

コインランドリーの店舗数推移。安定的な成長を見せている

(参考:「株式会社ダイワコーポレーション 利用者意識の変化と経営メリット」

この図をみて驚かれた方も多いかもしれません。

実はコインランドリーは年々店舗数が増加。
需要が高まってきています。

これまでのコインランドリー業界は学生や新社会人を主な客層として成長してきました。

今後は"働くお母さん"・"外国人観光客"の利用が増えることで、右肩上がりの成長をたどっていくと言われています。

最近では小売り大手ファミリーマート社が参入を発表するほど、大注目の業界になっています。

(参考:「東洋経済ONLINE ファミマ、コインランドリー事業参入の狙い」

働くお母さんからの利用が増える

コインランドリーは社会進出が進む女性、”働くお母さん”からの需要が高まっています。

奥さんからしたら、毎日仕事から帰ってきてから洗濯をするのは大変ですし、夜中に洗濯機を回すのは気が引けますもんね。

そこで活躍するのが、お休みの日にまとめ洗いをする時間を大幅に削減してくれるコインランドリーです。

外国人観光客からの利用が増える

宿泊施設に洗濯機がなくて困っている外国人観光客国内観光客も含め)の利用も増えます。

2016年度で日本を訪れる外国人観光客は約2000万人をマーク。
2020年の東京オリンピックに向けてさらに増えることが予想されてます。

また外国人観光客が増えることで、民泊のオーナーさんがシーツを洗うのにコインランドリーを利用するんですね。

コインランドリー経営はフランチャイズ契約が主流

コインランドリーはフランチャイズ契約が主流

フランチャイズ契約とは、コインランドリー経営のプロからサポートを受けられるかわりにロイヤリティを払う契約のこと。

コンビニなどの他の業者とは違って、契約する際に加盟金を支払わなくても契約できるところが多いです。

フランチャイズ契約のサポート内容

フランチャイズ契約で受けられる主なサポートは以下の通り。

  • 開業までのサポート(立地調査、資金計画)
  • 開業した後のサポート(清掃や点検、売り上げ管理)
  • 洗濯機や洗剤などの仕入れ先の紹介
  • 店名を名乗る許可(チェーン店になり、ブランドと信用を得られる)

業者によって「どこまでサポートしてくれるか」が異なるので、フランチャイズ先を選ぶ際はしっかり確認してください。

フランチャイズ先の中には「最初にお金と土地さえ投資してくれれば後は丸投げでOK」というところもあります。

投資は3500万円ぐらいですね。オーナーはお金を出すだけ。運営もマーケティングも一切、うちがやります。

ビル経営と同じと思って下さい。5~7年で回収できます。

かつて親の遺産で2千万円持っていた花屋勤務の方が13年前に始め、今や4店舗のオーナー。先日はBMWに乗ってうちにやってきました。まあ、良かったなと

(引用元:コインランドリー最大手、データ武装で閉店ゼロ

フランチャイズ契約のロイヤリティの仕組み

サポートの対価になるロイヤリティには、大きく分けて次の2種類があります。

  • 売上の上納金としてお金を払う
  • 経営に関して縛りをつけられる

2タイプのロイヤリティを詳しく

【売上の上納金としてお金を払う】

「経営のサポート料」として、フランチャイズ業者にお金を払います。

上納金の種類は以下の3パターンです。

  • 売上歩合式:売上の一部を支払う
  • 粗利分配式:利益(売上ー費用)の一部を支払う
  • 定額式:固定の額を支払う

【経営に関して縛りをつけられる】

「経営を助けてあげるから、ウチをごひいきにしてください」という形で、業者から以下のような条件をつきつけられます。

  • フランチャイズ先に管理を委託して管理費を払う
  • フランチャイズ先の洗濯機を導入して代金を支払う

今のコインランドリー業界では、こちらのロイヤリティー方式が主流です。

コインランドリー経営を始めるのに望ましい立地条件4つ

①都市計画法の「第一種低層住宅地域」ではない土地

コインランドリー店舗は「第一種低層住居専用地域」には開業できない、ということが都市計画法で決まっています。

第一種低層住居専用地域をザックリ説明すると、平屋や2階建てくらいの低層住宅しか建てられない地域のこと。

土地を持っている地域の都市計画図をみれば一目でわかります。

渋谷区の都市計画図・日射規制図

(画像引用元:「渋谷区都市計画図・日影規制図」

上記の画像では1番暗い緑のところが第一種低層住居専用地域です。

ごくまれにコインランドリーを「工場」としている地域もあるので注意

かなりレアケースですが”コインランドリーは店舗ではなく工場”と定めていて、もう少し厳しい規制がある自治体もあります。

役所に確認して「コインランドリーは何扱いになるのか」を確認しておくのが無難です。

※コインランドリーが工場だと定められている自治体の規制

②住宅地、もしくは住宅地に近い土地

周りに人が住んでいる住宅地が良い。

リピーターになる可能性が高いのは店舗の近くの住人なので、周りに人が住んでいる土地はコインランドリー経営にはピッタリです。

また幹線道路より生活道路沿いにある店舗の方が利用者は多くなります。

また生活道路沿いにあれば、その道を通る主婦や大学生への宣伝になるのもメリットです。

③近くに人が集まる施設がある土地

近くに人が集まる施設がある。

近くに人が集まる施設があると、ついでに利用してくれる人が増えます。

たとえば近くに大型スーパーがあると買い物をして待ち時間をつぶせる上、スーパー駐車場に車をとめられるので一石二鳥です。

④治安が良い地域にある土地

治安が良い地域

治安が悪い地域での経営だと防犯のお金が余分にかかってしまいます。

ホームレスや不審者の対策として見張り人を雇ったり、付近の住民と見回り契約を結ぶ手もあります。

また酔っ払いが店内に入ってきたり、盗難被害が起きると評判が悪くなり売り上げの低下につながります。

コインランドリー経営の利回り・収益性

コインランドリー経営では成功すれば16%以上の利回りを見込めます

利回り10%を超えれば御の時の土地活用において、この数字はかなり優秀です。

【土地活用方法別の利回り比較(目安)】

 利回り(平均)
太陽光発電5%
マンション経営9~11%
アパート経営11~12%
トランクルーム経営17.5%

(関連:土地活用における"利回り"との正しい向き合い方【利回りの相場・平均も紹介】

ここでは大阪府で経営されているコインランドリーを例にとって、具体的にどのくらい稼げるのかを紹介します。

店舗の概要は次の通りです。

  • 大阪府
  • 店舗面積30坪
  • 生活道路沿い
  • 1日34人ほどの利用者数

利回り16%なので初期費用を約7年で回収できました。

  • 初期費用:2350万円
  • 売上:540万円/年
  • 運転維持費:162万円/年

利回りの計算:(540万円ー162万円)÷2350万円=0.1608.....

初期費用は意外に高い。30坪で2350万円

初期費用は意外に高い。

規模にもよりますが、コインランドリー経営するならある程度の初期費用を覚悟しないといけません。

30坪ある店舗の初期費用の内訳は以下の通り。

  • 店舗建設費:600万円
  • 設備工事費:300万円(※1)
  • 洗濯機や乾燥機の購入費:1450万円(※2)

合計で2350万円になります。

※1設備工事費の内訳

※2機器購入費の内訳

「全部いきなり用意するのは厳しいな…」という人は、洗濯機や乾燥機などの設備をリース(長期レンタル)で用意しましょう。

毎月分割で料金を支払えばOKなので、ランニングコストのような感覚で収入の一部から支払えます。

稼働率が高ければ大きな利益が見込める!収入は年540万円

利用者が増えれば増えるほど収益が増える という画像です

コインランドリー利用者が増えれば増えるほど、爆発的に収入が伸びていきます

1日34人ほどの利用者しかいない店舗でも、年540万円の売上(があがります。

1日あたり平均収入は15,000円だったので、15,000円×30(日)×12(ヶ月)で540万円です。

【1日あたりの売上(15,000円)内訳(平均)】

■洗濯機(9,600円)

  • 30㎏:1200円(1回の利用料金1200円×1台×1台の稼働数1回)
  • 18㎏:2400円(800円×3台×1回)
  • 12㎏:3000円(500円×2台×3回)
  • 7㎏:3000円(500円×2台×3回)

合計:9,600円

■乾燥機(1人30分利用、10分で100円)

  • 34㎏:1800円(100円×2台×9回)
  • 25㎏:1800円(100円×2台×9回)
  • 14㎏:1800円(100円×2×9回)

⇨合計:5,400円

運転維持費(ランニングコスト)は売上の約25~30%の162万円

運転維持費は売上の25~30%ほどの割合になります。

運転維持費には次のようなものにかかります。

  • 水道代
  • 電気代(洗濯機や照明、エアコン代)
  • 消耗品(洗剤)
  • 機械の保険費用や修理代
  • 人件費(警備代と清掃代)
  • 固定資産税
  • 利子(お金を借りているなら)
  • ロイヤリティ(フランチャイズ契約内容による)

これらの費用を足し合わせると売り上げの25%~30%程度に落ち着きます。

コインランドリー経営を始まるまでの流れ

コインランドリー経営を開業するまでの流れは以下の通りです。

  1. 立地調査「リサーチ」をする
  2. 店舗のレイアウトを決める
  3. 資金計画をたてる
  4. 保健所へ届け出をだし、必要になる契約を結ぶ
  5. 店舗を施工する
  6. 開業する

開業までの期間は半年ほど。

①~④で2か月、④~⑤で3か月、⑥に1か月の時間がかかります。

1.立地調査「リサーチ」をする

立地調査「リサーチ」をするのはとても大切。

半径1㎞ほどを調査して、自分の土地で経営がうまくいくのかを判断します。

すでに経営している店舗に行って洗濯機の稼働率(店の混み具合)や客層(学生が多い、主婦が多い)を見てみましょう。

近くの店舗にお客さんがまったく入っていない場合、新しい店舗の経営は困難なものかもしれません。

世帯数世帯構成から利用が見込める人の数(潜在的需要)と見込める売り上げも調べられると完ペキです。

立地調査のやり方

2.店舗のレイアウトを決める

店舗のレイアウトを決める。 事業計画のポイントはとにかく清潔感のある店舗を目指すこと 画像

立地調査の結果をもとに事業提案書を作成します。

洗濯機や乾燥機の配置も決めましょう。

  • 照明を明るくする
  • 窓を大きくとる
  • 壁紙やタイルの色を明るくする
  • 換気をよくする

清潔感がある店舗作りのために気にかけるところはたくさんあります。

3.資金計画をたてる

資金契約をたてる 初期費用と売り上げと運転維持費を算出します。

どのくらいの資金が必要なのか、収益が見込めるのかを算出します。

  • 洗濯機や乾燥機を購入するのかリース(長期レンタル)するのか
  • 防犯や広告にどのくらい力をいれるのか
  • 一人当たりの利用料とお客さんの数(立地調査で手に入れたデータ)

などを考え、資金計画を立てましょう。

4.保健所へ届けを出す、建設業者と契約を結ぶ

保健所へ届けを出して、建設業者と契約を結びます。

自治体の保健所に「施設の開設届」や「設備の概要や配置図」などを提出します。

その後店舗の工事契約、設備を購入する契約を結べばOKです。

5.店舗を施工する

店舗を施工する。建設会社に頼み、審査の後は営業許可をもらいます。

工事契約にそって店舗を施工してもらいます。

施工後に保健所による審査があり、問題がなければ「検査済み証」という営業許可がおりて施行完了です。

6.開業する

いざ、開業をします!

雑誌などの備品を設置し近所の人たちに広告をして、いよいよ開業。

開業後も定期的に店舗内を清掃したり機器のメンテナンスをしてお客さんが快適に利用できるようにしてあげましょう。

コインランドリー経営における失敗例とリスク対策

ここではコインランドリー経営の先人の方々の失敗例を参考に、成功するために必要なリスク対策を紹介します。

2つの経営成功へのカギを失敗例から学んでいきましょう。

コインランドリー経営成功のカギ

  • コインランドリーは安心安全、そして清潔にする
  • お客さんのニーズをしっかりとくみ取る

失敗例①目先の利益しか考えずに防犯のための人件費を削ってしまった!

必要な人件費を削ってしまい、失敗してしまった例を紹介します。

遊休地の活用法としてコインランドリーを選び、フランチャイズ先の企業に手助けしてもらいながら半年ほどで開業。

自己資金が足りず長期リースで設備を整えたこともあり、当時の私たちは運転維持費の節約に余念がありませんでした。

そして目先の利益のために”防犯のための人件費を削る”という過ちを犯してしまいます。

その結果、24時間空調の整ったコインランドリーは、酔っ払って終電を逃したサラリーマンのたまり場に。

近所の奥さん達の間でウワサがたってしまい、スタートダッシュに失敗してしまいました。

過ちを気づいた私たちはすぐに方針転換。今は見張り人のおばちゃんを雇うことで改善されましたが、最初からケチらなきゃよかった…。

コインランドリーは安心安全、そして清潔であるべき

衣服をきれいにする店に一番大事なのはやはり安心安全と清潔感

夜中に酔っ払いが居つくお店で洗濯をしたい人なんていませんよね。

見張る人を雇う以外の対策としては、24時間対応してくれるコールセンターと提携する手もあります。

その他店舗の清掃や設備の点検も忘れてはいけません。

清掃の報告点検の結果は人目に付くように貼りだして、お客さんに安心安全をアピールしましょう。

失敗例②自分の作りたい店舗、利益がでる店舗のズレがあった!

ニーズをきちんとくみとって店舗を建てなかったため失敗してしまった例を紹介します。

フランチャイズ企業の説明会でたくさんの成功例を聞いていくうちに、私は”子供連れの主婦向け店舗”を経営したくなりました。

働くお母さん達からのコインランドリー需要が増えているのも知っていましたし、何よりも私は同じ女性として”お母さん達の力”になりたかったのです。

広めのキッズスペースを用意し、女性が入りやすいように内装もオシャレにして、いざ開業!

ところが蓋を変えてみたら、利用者のほとんどが周辺の大学に通っている大学生

広めのキッズスペースは日の目を浴びることはありませんでした。

オシャレな内装は学生さん達にも評判が良いので、まあ良しとします…。

立地調査の結果からニーズをくみ取って経営に活かす

これもコインランドリー業界ではよく聞く話。

繰り返しになりますが、利益を出すにはニーズにあった店を出すのが一番の近道です。

  • 子供連れの主婦が多い
    キッズスペースを作る、子供の肌に優しい洗剤を用意する
  • 学校が近くにある
    ⇒部活をしている子のために靴用の洗濯機を置く
  • 1人暮らしの男性が多い
    ⇒待合所に漫画を置く、24時間営業にする
  • 1人暮らしの女性が多い
    安心安全のために有人の店舗にする
  • 高齢な方が多い
    案内のために有人の店舗にする
  • 周りに宿泊施設が多い
    ⇒外国人向けに英語の説明書を用意する

このような工夫をすることで多くのお客さんを呼び込めることにつながります。

他にも流行りを追うのも大切

布団が洗えるサイズの洗濯機」「靴用の洗濯機と乾燥機」「電子マネーやプリペイドカード」はメディアで取り上げられることも多く、注目度が高いです。

例えば2014年には「レイコップ」が流行したことで布団のダニを気にする人が増え、コインランドリー業界の売り上げが大幅に伸びました。

コインランドリー経営のメリット・デメリット

コインランドリー経営のメリット・デメリットをまとめます。

コインランドリー経営のメリット・デメリットは次のようにまとめることができます。

コインランドリー経営のメリット

  • 収益の伸びしろが大きい
  • リピーターを増やすことで収益を少しづつ伸ばせる
  • 事前知識が必要なく、手間がかからない
  • 節税効果がある
  • 小さい土地でも始められる

コインランドリー経営のデメリット

  • 一度信用を失うと、取り戻すのが難しい
  • 極端に人通りが少ないと経営が厳しい
  • 急激な収益性の伸びは見込めない

コインランドリー経営は利用者が増えれば増えるほど収益は伸び続けます。

店舗にスペースがあり洗濯機の台数を増やせるのであれば、利回りの上限もありません。

クリーニング店のように専門的な技術や知識は必要なく、フランチャイズ契約によって経営面でプロに頼れるのも強みです。

 

一方でトラブルや事件が起きてリピーターが離れてしまうと、経営が厳しくなります。

また知識や手間が必要ない分、コンビニ跡地などに新しい店舗が開業しやすく他の店との差別化はやはり重要課題となっています。

コインランドリー経営が向いている人

「土地活用をしたいけど時間も手間もかけたくない!」という人

手間や時間をかけられない人でもできるから、コインランドリー経営はおすすめ。

具体的にはこんな人

  • 「サラリーマンとして働きながら土地活用をしたい」
  • 「子供がいるから副業なんてとても…」

フランチャイズ契約の内容が充実しているコインランドリー経営は、土地活用に手間や時間をかけられない人に選ばれています。

子供が成長して落ち着いてきてから、自分で管理業務をしたりご近所さんに宣伝をしたり、さらに収益性を上げるためにご自身も力を入れてみてはいかがでしょう。

「建物も土地も小さいから土地活用は難しいかな…」と諦めかけている人

小さい土地、建物を持つ人にはコインランドリーがおすすめ!

具体的にはこんな人

  • 「大きな土地を必要とする土地活用法は無理だな…」
  • 「小さい建物の使い道なんてあるのかな…」

最低20坪ほどの土地があれば始められる土地活用法はなかなかありません。

使っていない建物の一階部分を改築して初期費用を抑えて開業させた例もあります。

コインランドリー経営の始めやすさをぜひ利用しましょう。

「土地の将来の使い道は決まってるけど、それまで更地なのはもったいない!」という人

ほかに土地活用をする予定があるけど、それまでのつなぎとして何か活用しておきたいという人にもコインランドリー経営はおすすめ!

具体的にはこんな人「息子が30歳になったら一戸建てを建てあげたいが、それまで更地なのはもったいない…」

コインランドリーの利回りは、稼働率しだいでまだまだ伸びる余地があり、初期費用は回収しやすいと言えます。

土地を転用させる際に、人を住まわせてるわけではないので立ち退きの問題も発生しません。

洗濯機や乾燥機を中古業者に売って資金の足しにし、好きな土地の使い方を始められます。

コインランドリー経営は今から参入しても成功の見込みアリ

働くお母さんや外国人観光客の利用によって需要が増えていくコインランドリー経営。

利用者目線を忘れず経営することでニーズをくみ取るのが成功のコツでした。

ここで説明した内容をしっかりおさえて取り組めば、今から参入しても成功の見込みは大いにあります。

 

またコインランドリー経営は「衣食住」の「衣」にかかわるということで、地域の人たちに感謝される土地活用法。

コインランドリー経営を通じて「あなたも、周りの人も笑顔になれる」ような地域活性化を実現していただければ幸いです。

この記事を読んで「コインランドリー経営を検討してみようかな…」と思った方がやるべきことは、信頼できる相談先を見つけること

どんな担当者・業者のアドバイスをもらいながら計画するか」で土地活用の成功確率はガラリとかわります。

 

コインランドリー経営はじめ、土地活用の相談先を手っ取り早く見つけるには、一括資料請求サービスへの登録がおすすめ。

登録しておくだけで、複数の業者の担当者からのアプローチを待つことができます。

 

登録先としては年間700万人以上のオーナーが利用しているHOME4Uがおすすめです。

業界最大手のNTTデータグループが運営しているので、安心して相談いただけます。

▼無料で複数プランを比較検討▼
HOME4Uで信頼できるパートナーを見つける

スポンサーリンク

-その他土地活用方法