プロが教える失敗しない土地の活用と家の売却
トチカムについて

保育園経営は儲かる!3つの年収・収入事例や補助金・初期費用から紐解く

保育園経営で儲けるには?

「保育園経営ってよく赤字ってきくけど実際どうなの?もうかる?」

保育園経営に興味があるけれど、お金周りの実態がつかめてない人も多いでしょう。

そこでこのページでは保育園経営の収益面について、土地活用プランナーの資格を持つ筆者が徹底解説していきます。

 

結論から申しあげますと、保育園経営は認可保育園であれば儲かります

実際に保育園経営だけで年収7000万円の超えの方もいらっしゃるくらいです。

事例をもとに「保育園経営のお金」について紐解いていくので、参考にしてみてください。

保育園経営含めて土地活用や不動産投資を検討している人は、まず一括資料請求サービスを利用してみましょう。

一括資料請求とは、ネットから1回申し込むだけで複数の不動産会社が無料で資料を送ってくれるサービスのこと。

  • あなたの土地で実現可能な有効活用プラン
  • 初期費用や収入、ランニングコストなどの見積もり

など、賃貸経営から駐車場経営まで多種多様な土地活用方法の資料を受け取れます。
情報収集したり、プランや見積もりを比較検討するにはもってこいです。

一括資料請求するなら、 NTTデータグループで信頼性バツグンのHOME4U土地活用がおすすめです。

HOME4Uで土地活用の資料を一括で請求する>>

※3分で申し込み完了。しつこい営業電話はかかってきません。

(関連記事:HOME4U土地活用の評判の真相!強み6つと注意点2つを土地活用プランナーが説く

保育園経営で儲けが出る仕組み・収支構造を確認

認可保育園は補助金が収入になる

認可保育園収入は補助金が上乗せされる

国の許可をえて認可保育園になると国から補助金がもらえます。

認可保育園経営の収入=保育料+補助金 

認可保育園の収入は、上記した保育料に補助金を上乗せした金額です。

認可保育園の補助金は自治体や年齢別で異なる

認可保育園の補助金は預かる園児の年齢によって違います。

園児の年齢補助金額
0歳児21万円
1・2歳児10万円
3歳児8万円
4歳児以上6万円

上述の補助金額は世田谷区認可保育園の1例です。

支給される補助金額は職員の人数や年齢によって変わります。

保育園経営の利益の計算方法

保育園経営の年収、手元に残る年収、実質利回りの計算方法は以下のとおりです。

保育園経営の年収(/年)

収入(/月)×12(ヶ月)

手元に残る利益(/年)

(保育園経営の年収)(保育園経営の年間のランニングコスト)

保育園経営の実質利回り(※)

(手元に残る利益)÷(初期費用)×100%

※土地活用の実質利回りとは

(参考:土地活用における"利回り"との正しい向き合い方【利回りの相場・平均も紹介】

3種類の保育園経営を年収・実質利回り・初期費用・ランニングコストで比較

3種類の保育園経営を年収・実質利回り・初期費用・ランニングコストで比較してみました。

 認可保育園小規模認可保育園無認可保育園
園児の定員数50人~60人6人~19人6人以上で自由
年収約7,000万円約2,500万円約1,200万円
手元に残る利益約4,000万円約1,000万円約500万円
利回り20~30%30~40%2~5%
初期費用(実際の負担額※)約2億円約3,000万円2億5,000万円
※認可保育園は初期費用の一部が免除される

表から読み取れる各保育園の収益に関する特徴は以下の通りです。

  • 認可保育園
    あずかれる園児の数が多く保育料、補助金ともに多いため年収が大きくなる。
  • 小規規模認可保育園
    規模が小さく初期費用もおさえられるので実質利回りが大きくなる。
  • 無認可保育園
    年収も実質利回りも低く儲けや投資効率を追求できない

※認可保育園と小規模認可保育園の大きな違いは定員数。
認可保育園は定員50~60名以上なのに対して、小規模認可保育園は19名まで。

ガッツリ初期投資して、大きなリターンを得るなら認可保育園一択です。
約7年間で初期費用を回収した後は、毎年約7000万円のキャッシュが手元に残ることになります。

一方で1番投資効率がいいのは小規模認可保育園
認可保育園ほど年収は高くありませんが、初期費用が安くなる分実質利回りが高くなる傾向があります。

他の土地活用・不動産投資と比べても認可保育園の年収・利回りは優秀

土地活用の中でも認可保育園の収入はトップ2

認可保育園・小規模認可保育園は他の土地活用と比べても、ガッツリ利益を上げられるポテンシャルを秘めています。

土地活用年収相場実質利回り初期費用
認可保育園約7,000万円20~30%約2億円
小規模認可保育園約2,500万円30~40%約3,000万円
無認可保育園約500万円2~5%約2億5,000万円
トランクルーム経営約300万円10~20%100~500万円
アパマン経営約1,000万円7~9%約2億円
太陽光発電約500万円5~8%500~1,000万円

年収では認可保育園と小規模認可保育園がTOP2を独占。
初期費用はアパート・マンション経営と同程度ですが、2.5倍~7倍の年収を見込めます。

一方で無認可保育園は、1番初期費用が高いわりに年収相場は下から数えて2番目です。

利益を重視する人は一刻も早く選択肢から外すべきです。

世田谷区の保育園経営3例で年収・実質利回りなど具体的な数値を算出

以下では世田谷区の保育園経営の3つの経営事例をもとに、リアルな年収や実質利回りを紹介しています。

年収、実質利回り、初期費用、ランニングコストの具体的な数値を算出しました。

保育園経営のより具体的なイメージをつかんでください。

世田谷区の保育園経営の3つの事例

  • 世田谷区認可保育園(500㎡、園児50人、保育士10人)
  • 世田谷区小規模認可保育園(100㎡、園児10人、保育士5人)
  • 世田谷区無認可保育園(250㎡、園児15人、保育士5人)

※保育園の面積や人数は世田谷区役所に電話で問合せています。無認可保育園に関しては実際に経営なさっているオーナーの方から情報をいただきました。

【事例①世田谷区認可保育園(園児50人)】年収7,344万円・実質利回り21%

世田谷区認可保育園は年収が7,000万円超える

  • 年収7,344万円
  • 初期費用:2億280万円
  • ランニングコスト:262万円(/月)
  • 実質利回り:21%

園児50人の認可保育園を経営している事例です。

2億280万円の初期費用がかかりましたが、年収は7,344万円に届き、経営スタートから6年で初期投資を回収
経営の黒字化を達成しました。

園児の内訳と補助金額は以下の通りです。。

園児の年齢人数補助金(1人あたり)補助金額
(合計)
0歳児2人21万円42万円
1・2歳児3人10万円30万円
3歳児10人8万円80万円
4歳児以上35人7万円210万円

【年収・利益・利回り・初期費用・ランニングコストの計算・内訳】

〈年収〉=7,344万円

〈手元に残る利益(年間)〉=4,200万円

世田谷区認可保育園の年収の計算方法

 

〈実質利回り〉=21%

世田谷区認可保育園の実質利回りの計算方法

 

〈初期費用〉=2億280万円

 総額国からの補助・助成金実際の負担額
建築費5億円3億円2億円
内装工事費300万円170万円130万円
宣伝広告費30万円0円30万円
保育士求人費20万円0円20万円
設備費150万円60万円90万円
コンサルタント費用10万円0円10万円
世田谷区認可保育園の初期費用の計算方法

 

〈ランニングコスト〉=262万円(/月)

経費金額(/月)
人件費(職員10人)200万円
水道光熱費10万円
画用紙、洗剤など消耗品2万円
電話代ほか雑費3万円
世田谷区認可保育園のランニングコストの計算方法

【事例②世田谷区小規模認可保育園(園児10人)】年収2,460万円・実質利回り38%

世田谷区小規模認可保育園は実質利回りが高く40%超える

  • 年収:2,460万円
  • 初期費用:3,078万円
  • ランニングコスト:108万円(/月)
  • 実質利回り:38%

上述したように小規模認可保育園は初期費用が安いわりに年収が高いのが特徴。
3年目には経営の黒字化に成功しています。

園児10名と補助金額の内訳は以下の通りです。

年齢人数補助金額
(合計)
0歳児5人105万円
1・2歳児5人50万円
合計10人155万円

【年収・利益・利回り・初期費用・ランニングコストの計算・内訳】

〈年収〉=2,460万円

〈手元に残る利益(年間)〉=1,164万円

世田谷区小規模認可保育園の年収の計算方法

 

〈実質利回り〉≒38%

世田谷区小規模認可保育園の実質利回りの計算方法

 

〈初期費用〉=3,078万円

 総額国からの補助・助成金実際の負担額
建築費1.5億円1.2億円3,000万円
内装工事費100万円60万円40万円
宣伝広告費10万円0円10万円
保育士求人費10万円0円10万円
設備費30万円17万円13万円
コンサルタント費用5万円0円5万円
世田谷区小規模認可保育園の初期費用の計算方法

 

〈ランニングコスト〉=108万円(/月)

経費金額(/月)
人件費(職員5人)100万円
水道光熱費5万円
画用紙、洗剤など消耗品2万円
電話代ほか雑費1万円
世田谷区小規模認可保育園のランニングコストの計算方法

【事例③世田谷区無認可保育園(園児15人)】年収1,500万円・実質利回り3.8%

世田谷区無認可保育園は実質利回り3%台で経営が厳しい

  • 年収:1,500万円
  • 初期費用:2億5,310万円
  • ランニングコスト:91万円
  • 実質利回り:3.8%

実際の事例でも無認可保育園でガッツリ稼げている事例はありませんでした

億を超える初期費用を自分で用意しないといけないのにもかかわらず、年収は8桁に届くのがやっと

「儲けは度外視!待機児童問題の解決に力を貸したい」というボランティア精神に溢れた人以外は、検討しなくていいでしょう。

【年収・利益・利回り・初期費用・ランニングコストの計算・内訳】

〈年収〉=1,500万円

〈手元に残る利益(年間)〉=408万円

世田谷区無認可保育園の収入の計算方法

 

〈実質利回り〉=2%

無認可保育園の実質利回りの計算方法

 

〈初期費用〉=2億5,310万円

 総額国からの補助・助成金実際の負担額
建築費2億5,000万円0円2億5,000万円
内装工事費150万円0円150万円
宣伝広告費50万円0円50万円
保育士求人費30万円0円30万円
設備費70万円0円70万円
コンサルタント費用10万円0円10万円
無認可保育園の初期費用の計算方法

 

〈ランニングコスト〉=91万円(/月)

※無認可保育園は人件費を節減できます。国内の大半の無認可保育園は認可保育園の職員より給与が安いです。
(参照:厚生労働省HP「平成29年賃金構造基本統計調査」

経費金額
人件費(職員5人)75万円
水道光熱費10万円
画用紙、洗剤など消耗品3万円
電話代ほか雑費3万円
無認可保育園のランニングコストの計算方法

土地活用の保育園経営は認可保育園が儲かる王道

土地活用の保育園経営は認可保育園なら儲かる

「保育園経営は本当に儲かるのか?」

その問いに全力で答えるべく、3種類の保育園経営の年収・実質利回り・初期費用・ランニングコストの事例をあげお答えしてまいりました。

火を見るより明らかとなった事実は、儲けを重視するなら認可保育園の経営を検討すべきだということ。

  • 認可保育園
    年収8桁後半を狙える
  • 小規模認可保育園
    40%近い利回りを狙える

保育園経営に少しでも興味のある方、まず自身の土地で認可保育園が経営できるか区役所に問合せてみましょう。

保育園経営含めて土地活用や不動産投資を検討している人は、まず一括資料請求サービスを利用してみましょう。

一括資料請求とは、ネットから1回申し込むだけで複数の不動産会社が無料で資料を送ってくれるサービスのこと。

  • あなたの土地で実現可能な有効活用プラン
  • 初期費用や収入、ランニングコストなどの見積もり

など、賃貸経営から駐車場経営まで多種多様な土地活用方法の資料を受け取れます。
情報収集したり、プランや見積もりを比較検討するにはもってこいです。

一括資料請求するなら、 NTTデータグループで信頼性バツグンのHOME4U土地活用がおすすめです。

HOME4Uで土地活用の資料を一括で請求する>>

※3分で申し込み完了。しつこい営業電話はかかってきません。

(関連記事:HOME4U土地活用の評判の真相!強み6つと注意点2つを土地活用プランナーが説く

スポンサーリンク

-保育園経営