プロが教える失敗しない土地の活用と家の売却
トチカムについて

アパート・マンション経営はどれくらい儲かる?年収の相場と具体例3つから解説!

アパート経営で得られる"おおよそ"の収入をチェック!

「アパート経営ってどれくらい儲かるの? "おおよそ"の収入額を知りたい」
「細かい計画はまだ決まってないけど、どれくらい稼げるのか先に知りたい」

このような方にアパート・マンション経営から得られる収入のイメージを持っていただくのが、当ページの目的です。

  • 家屋の構造はどうするか
  • 部屋の広さは何㎡にするか
  • 利回りは何%を目指すか

といった点が決まっていない人も、以下でご紹介している具体例を見れば計画づくりの助けになるはずです。

 

現在の状況にあわせて、次の2つをチェックしてみてください。

  1. まだ何も決めてないけど、どれくらい稼げるのか、ザックリ知りたい」という方
    年収の相場
  2. "この物件だったら、これくらい稼げる"など、具体的な数字を知りたい」という方
    年収の具体例

■"より正確な"収入を知りたいならHOME4Uで一括資料請求

 

「200㎡の土地持っているんだけど、アパート経営をしたら、だいたいどれくらい稼げるの?」という方の相談先としてオススメなのがHOME4U

 

あなたの土地の情報を入力するだけで、複数の不動産会社が次の疑問に答えてくれます。

  • あなたの土地に合ったアパート経営のプラン
  • その事業を行った場合1年間でいくら稼げるか

 

「とりあえず、どれくらい稼げるか知りたいだけなんだけど…」という方もOK。

名の知れた大手ハウスメーカー・不動産会社が揃っているので、良心的に対応してくれます。

▼無料で複数プランを比較検討▼
「HOME4U」で無料一括資料請求する

【関連記事】

アパート・マンション経営に対する当サイトの見解については下記のページで詳しく解説しています。

【アパート経営・マンション経営で土地活用】メリット・デメリットをプロがぶった切る!

【アパート・マンション経営】収入・年収の平均相場

アパート・マンション経営から得られる収入は、家屋の構造によって、おおよその額が決まってきます。

以下ではアパマン経営で目指すべき「表面利回り10%」のときの収入相場を、構造別にご紹介。

  1. <木造>家屋
    4万〜6万円/坪
  2. <鉄骨造>家屋
    5万〜8万円/坪
  3. <鉄筋コンクリート造>家屋
    7万〜10万円/坪

「具体的なプランは決まってないけど、どれくらい稼げるかざっくり知りたい」という方は、参考にしてください。

■この3つが決まれば、おおよその収入額が分かる

アパート・マンション経営で得られる収入は、次の3点が確定すれば、おおよその額が決まってきます。

  1. 家屋の構造
    木造 or 鉄骨造 or 鉄筋コンクリート造
  2. 延床面積
    家屋の居住部分の面積(※1)
  3. 利回り(表面)
    家賃収入÷初期費用×100

(※1)2階建て以上の場合=各階の床面積を合計した面積。

<木造家屋>から得られる年収(相場)=4万〜6万円/坪

  • 家屋の構造:木造
  • 表面利回り:10%

のアパート・マンションから得られる収入は4万〜6万円/坪が相場になります。

延床面積ごとの相場(合計額)は次のとおりです。

 

■木造家屋の年間収入(利回り10%)

延床面積部屋数
(1K:7.5畳+キッチン3畳)
2階建て3階建て
50坪6部屋240万~360万円360万~540万円
60坪7~8部屋288万~423万円423万~648万円
80坪10部屋384万~576万円576万~864万円
100坪12~13部屋480万~720万円720万~1,080万円
120坪15部屋576万~864万円864万~1,296万円

<鉄骨造家屋>から得られる年収(相場)=5万〜8万円/坪

  • 家屋の構造:鉄骨造
  • 表面利回り:10%

のアパート・マンションから得られる収入は5万〜8万円/坪が相場。

延床面積ごとの相場(合計額)は次のとおりです。

 

■鉄骨造家屋の年間収入(利回り10%)

延床面積部屋数
(1K:7.5畳+キッチン3畳)
2階建て3階建て4階建て5階建て
50坪6部屋300万~
480万円
450万~
720万円
600万~
960万円
900万~
1,500万円
60坪7~8部屋360万~
576万円
540万~
864万円
720万~
1,152万円
1,080万~
1,800万円
80坪10部屋480万~
768万円
720万~
1,152万円
960万~
1,536万円
1,440万~
2,400万円
100坪12~13部屋600万~
960万円
900万~
1,440万円
1,200万~
1,920万円
1,800万~
3,000万円
120坪15部屋720万~
1,152万円
1,080万~
1,728万円
1,440万~
2,304万円
2,160万円~
3,600万円

<鉄筋コンクリート造家屋>から得られる年収(相場)=7万〜10万円/坪

  • 家屋の構造:鉄筋コンクリート造
  • 表面利回り:10%

のアパート・マンションから得られる収入は7万〜10万円/坪くらいです。

延床面積ごとの相場(合計額)は下記の表を参考にしてください。

 

■鉄筋コンクリート造家屋の年間収入(利回り10%)

延床面積部屋数
(1K:7.5畳+キッチン3畳)
2階建て3階建て4階建て5階建て10階建て
50坪6部屋420万~
600万円
630万~
900万円
840万~
1,200万円
900万~
1,500万円
2,100万~
3,000円
60坪7~8部屋504万
~720万円
756万~
1,080万円
1,080万~
1,440万円
1,260万~
1,800万円
2,520万~
3,600万円
80坪10部屋672万~
960万円
1,080万~
1,440万円
1,344万~
1,920万円
1,680万~
2,400万円
3,360万~
4,800万円
100坪12~13部屋840万~
1,200万円
1,260万~
1,800万円
1,680万~
2,400万円
2,100万~
3,000円
4,200万~
6,000万円
120坪15部屋1,080万~
1,440万円
1,512万~
2,160万円
2,160万~
2,880万円
2,520万~
3,600万円
5,040万~
7,200万円

【アパート・マンション経営】年収の具体例3つ<実質利回りベース>

「相場は分かったけど、自分がこれから建てる物件の収入イメージが湧いてこない…」

このような方は、以下でご紹介する収入例3つを参考にしてみてください、

  1. 学生・単身者向けアパート
    ⇒木造2階建て・10部屋・家賃8万円
  2. 郊外のファミリー向け3LDK
    ⇒鉄骨造2階建て・6部屋・家賃20万円
  3. 高収入層向けデザイナーズマンション
    ⇒鉄骨造2階建て・10部屋・家賃15万円

「相場から一歩踏み込んで、より正確な収入額を知りたい」という方は要チェックです。

収入例①:<学生・単身者向けアパート>木造2階建て・10部屋・家賃8万円

学生・単身者向けアパート(木造2階建て・10部屋・家賃8万円)の年間収入は486万8,000円

  • 大学のあるエリアに土地を持っている
  • 地方都市のオフィス街にある土地を活用したい

このような人にオススメなのが、スタンダードな木造2階建てのアパート

学生・20代のサラリーマンをターゲットにした、1人暮らし用の物件です。

部屋は「居住スペース10畳+キッチン」の1K

家賃は仕送りで払える範囲に抑えましょう。

 

下記の物件から得られる収入(1年間)は486万8,000円です。

  • ターゲット:学生・単身者
  • 土地:60坪(≒200㎡)
  • 家屋:木造・2階建てアパート・10部屋
  • 1部屋あたりの面積:10坪(≒33㎡)
  • 家賃:80,000円

具体的な計算過程は、以下のとおり。

■収入例① :土地60坪・木造2階建て・10部屋・家賃8万円 

 

<初期費用>=5,469万円

本体建築費+外構工事費+登録免許税+不動産取得税+印紙税

=5,000万+300万+40万+120万+90,000

5,469万円

【初期費用】の詳細をチェック

 

<収入>=864万円

家賃×部屋数×稼働率×月

=80,000×10(部屋)×0.9(稼働率)×12(か月)

864万円/年

【収入】の詳細をチェック

 

<ランニングコスト>=377万2,000円

管理費+修繕費積み立て+固定資産税(土地・家屋)+都市計画税+ローン返済

=(864万×0.05)+(30,000×12か月)+(20万×200㎡×0.014)+(5,000万×0.6×0.014)+(20万×200㎡×0.003)+188万

=43万2,000+36万+56万+42万+12万+188万

335万2,000円/年

【ランニングコスト】の詳細をチェック

 

<手元に残る収入>=486万8,000円

収入-ランニングコスト

=864万-377万2,000

486万8,000円

 

<実質利回り>=9%

(収入-ランニングコスト)÷初期費用

(864万-377万2,000)÷5,469万×100

≒9%

収入例②:<郊外のファミリー向け3LDK>鉄骨造2階建て・6部屋・家賃20万円

郊外・ファミリー向け3LDK(鉄骨造・2階建てマンション・6部屋・家賃20万円)の年間収入は752万9,200円

  • 周辺に小学校がある閑静な住宅街に土地を持っている
  • 都心から電車で30分の通勤エリアにある土地を相続した

このような人にオススメなのが、ゆったりした間取りのファミリー向けマンション

子供が1~2人いる20~30代のサラリーマン家庭がターゲットです。

1戸20~30坪で、子供部屋を入れて3LDK~4LDKは欲しい所。

家賃は15~20万円と、1人暮らし向けアパートの1.5~2倍は確保できます。

 

下記の物件から得られる収入(1年間)は752万9,200円です。

  • ターゲット:ファミリー(2~4人)
  • 土地:60坪(≒200㎡)
  • 家屋:鉄骨造・2階建てマンション・6部屋
  • 1部屋あたりの面積:20坪(≒66㎡)
  • 家賃:20万円

具体的な計算過程は、以下のとおり。

■収入例②: 土地60坪・鉄骨造2階建て・6部屋・家賃20万円 ~

 

<初期費用>=9,000万円

本体建築費+外構工事費+登録免許税+不動産取得税+印紙税

=8,000万+770万+30万+190万+10万

9,000万円

【初期費用】の詳細をチェック

 

<収入>=1,296万円

家賃×部屋数×稼働率×月

=20万×6(部屋)×0.9(稼働率)×12(か月)

1,296万円/年

【収入】の詳細をチェック

 

<ランニングコスト>=543万800円

管理費+修繕費積み立て+固定資産税(土地・家屋)+都市計画税+ローン返済

=(1,296万×0.03)+(50,000×12か月)+(20万×200㎡×0.014)+(8,000万×0.6×0.014)+(20万×200㎡×0.003)+309万

=38万8,800円+60万+56万+67万2,000+12万+309万

543万800円/年

【ランニングコスト】の詳細をチェック

 

<手元に残る収入>=752万9,200円

収入-ランニングコスト

=1,296万-543万800

752万9,200円

 

<実質利回り>=8.3%

(収入-ランニングコスト)÷初期費用

(1,296万-543万800)÷5,469万×100

≒8.3%

収入例③:<高収入層向けデザイナーズマンション>鉄骨造2階建て・10部屋・家賃15万円

高収入層向けデザイナーズマンション(鉄骨造・2階建て・10部屋・家賃15万円)の年間収入は861万5,000円

  • 都内の一等地にある土地を活用したい
  • 若年層に人気のあるエリアに土地を持っている

このような人にオススメなのが、お洒落なデザイナーズマンション

ターゲットは「少しくらい高くても良いから、綺麗でお洒落な家に住みたい」という高収入層です。

40㎡~50㎡1LDKで、家賃は15万円

内装・外構に費用をかけて、さらなる高家賃を確保するのもアリです。

 

下記の物件から得られる収入(1年間)は861万5,000円です。

  • ターゲット:高収入層
  • 土地:60坪(≒200㎡)
  • 家屋:鉄骨造・2階建てマンション・10部屋
  • 1部屋あたりの面積:12坪(≒40㎡)
  • 家賃:15万円

具体的な計算過程は、以下のとおり。

■収入例③: 土地60坪・鉄骨造2階建て・10部屋・家賃15万円

 

<初期費用>=9,000万円

本体建築費+外構工事費+登録免許税+不動産取得税+印紙税

=8,000万+770万+30万+190万+10万円

9,000万円

【初期費用】の詳細をチェック

 

<収入>=1,620万円

家賃×部屋数×稼働率×月

=15万×10(部屋)×0.9(稼働率)×12(か月)

1,620万円/年

【収入】の詳細をチェック

 

<ランニングコスト>=758万5,000円

管理費+修繕費積み立て+固定資産税(土地・家屋)+都市計画税+ローン返済

=(1,620万×0.05)+(50,000×12か月)+(50万×200㎡×0.014)+(8,000万×0.6×0.014)+(50万×200㎡×0.003)+309万

=81万+60万+140万+67万2,000万+100万8,000+309万

758万5,000円/年

【ランニングコスト】の詳細をチェック

 

<手元に残る収入>=861万5,000円

収入-ランニングコスト

=1,620万-758万5,000

861万5,000円

 

<実質利回り>=9%

(収入-ランニングコスト)÷初期費用

(1,620万-758万5,000)÷9,000万×100

≒9%

自分の土地活用の「目的」を明確にすれば、収入を予測できる

このページではアパート・マンション経営から得られるおおよその収入について解説しましたが、ご紹介したのはあくまでモデルケースです。

  • 立地・ターゲット
  • 賃貸市場の状況・家賃相場
  • 人件費・建築費の市況

など、あなたの土地や経営を始めるタイミングによって、収入は変わってきます。

 

そしてなにより収入を左右するのは、あなたがどのようなアパート・マンション経営をしたいのか=土地活用の目的です。

  • 相続対策としてアパートを経営したいので、収入は小さめでOK
  • 年間収入1,000万円以上・利回り12%の高収益物件をつくりたい

など、あなたの目的が明確で具体的であるほど収入の予測も精確になるので、不動産会社もあなたの事業をサポートしやすくなり、事業の成功確率も高まります。

まずは「自分がどのような土地活用をしたいのか」を、じっくり考えてみてください。

■アパート・マンション経営の相談先はHOME4Uでみつかる!

 

アパート・マンション経営の収入額を知る一番の方法は、自分の土地活用の目的を明確にすることです。

とは言え「自分がどういう土地活用をしたいのか、考える取っ掛かりがほしい…」という方も多いはず。

 

そのような方はHOME4Uを活用してみましょう。

あなたの土地の情報を入力するだけで、複数の不動産会社からアパート・マンション経営のプランを提示してもらえます

特にアパート・マンション経営に強みを持つ業者が揃っているので、現実的な提案が期待できます。

 

一度叩き台となるプランを提示してもらえれば、

  • もっと稼げる物件にする方法はないの?
  • どちらかと言うと、相続税対策がメインの目的だから、より現実的なプランにしたい

など、自分の目的がはっきり見えてくることもあります。

▼無料で複数プランを比較検討▼
「HOME4U」で一括資料請求する

【関連記事】

アパート・マンション経営の基礎知識をチェックしたい人は、下記記事を参考にしてください。
メリット・デメリットを交えて、詳しく解説しています。

【アパート経営・マンション経営で土地活用】メリット・デメリットをプロがぶった切る!

スポンサーリンク

-賃貸経営