プロが教える失敗しない土地の活用と家の売却
トチカムについて

【狭小地におすすめの土地活用8選】1坪~30坪の低利用地を収益化する方法を徹底解説!

狭小地で金を生む

「狭い土地で土地活用ってできるの?」
「狭すぎて土地活用は難しそうなんだけど…」
「狭小地に最適な土地活用方法が知りたい!」

狭小地での土地活用に悩んでいる人は少なくありません。

結論からいうと、狭小地で土地活用をして収益化する(副収入を生む)ことは可能です。

ただしきちんと準備せずに始めてしまっては、初期費用がムダになることも…。

本記事では狭小地の土地活用について、以下をメインに徹底解説します。

  • 狭小地とは
  • 狭小地におすすめの土地活用方法
  • 土地活用方法ごとの収支の計算例
  • 狭小地にベストな土地活用が見つかる一括資料請求について

狭小地をどうすればいいか悩んでいる人は、本記事を参考にしてみてください。

土地活用の前にまずは「HOME4U」に資料請求しよう

一般の人が狭小地にどの土地活用が最適を見極めるのは至難の業といえるでしょう。

そこでおすすめなのが、土地活用一括資料請求
土地活用のプロが提案する土地活用プランを複数受け取ることができます。

トチカムおすすめのサービスは「HOME4U」。

土地活用一括資料請求会社でオススメなのはHOME4U

一度の情報入力で最大7社から、吟味された土地活用プランを受け取れます。

活用が難しい狭小地に、ベストな土地活用を提案するパートナーと出会えるはずです。

\日本最大級の土地活用資料の比較サイト/

HOME4Uで土地活用資料を一括請求する

※利用料金は完全無料!気軽に利用しても損しない

狭小地とは1~30坪(約3.3㎡~約99㎡)の土地のこと【当サイトの定義】

1坪~30坪の広さに該当するもの

狭小地には明確な定義がありませんが、当サイトは1坪から30坪程度の狭い面積の土地と定義します。

以下のようなものをイメージすると、広さが把握しやすいでしょう。

1~30坪の広さのイメージ

  • 1坪…約3.3㎡・畳2畳分
  • 10坪…約33㎡・ビジネスホテルのシングルルーム
  • 20坪…約66㎡・コンビニの店舗
  • 30坪…約99㎡・テニスコート(シングルコート)の半面

狭小地は面積が狭いため、税金などの維持費用は安いかもしれません。

しかし安いとはいえ、使わない土地の税金を支払うのは非常にもったいないです。

狭小地からお金を生み出せられれば、税金を払った上で副収入を得られます。

なお狭小地に建てられた住宅は「狭小住宅」と呼ばれます。

狭小地におすすめの土地活用8選と収支例

狭小地におすすめの土地活用を8つピックアップしました。

土地活用方法必要な面積(目安)
①トランクルーム経営15坪以上
②アパート経営15坪以上
③戸建て経営10坪以上
④駐車場経営7坪以上
⑤商業施設経営5坪以上
⑥駐輪場・バイク用駐車場経営5坪以上
⑦看板設置1坪以上
⑧自動販売機事業1坪以上

⑥~⑧は他の土地活用と併用できる可能性が高いです。

どのくらい収入を得られるかの目安として、土地活用ごとの収支例も出しています。

初期費用や利回りなども考慮して、所有地に合った条件の土地活用を見つけてください。

利回りとは?

初期費用に対して利益がどのくらい出たのか表したもので2種類ある。
○表面利回り:経営に必要なコストを計上せずに計算したもの
計算方法:(年間収入÷初期費用)×100
○実質利回り:経営に必要なコストも計上して計算したもの
計算方法:{(年間収入-年間コスト)÷初期費用}×100
よりリアルな利回りを知りたいなら実質利回りを見る必要がある。
実質利回りが10%の場合は10年で初期費用を回収できることになる。
関連記事:土地活用における"利回り"との正しい向き合い方【利回りの相場・平均も紹介】

関連記事土地活用の初歩的な知識について詳しく知りたい人は以下の記事をご参照ください。

【超初心者向け】土地活用とは?全16種類の空き地有効活用方法と挑む上での心得を伝授する

①トランクルーム経営(目安:15坪以上)

狭小地にオススメの土地活用方法はトランクルーム経営

4部屋タイプのコンテナを1基設置するのに必要な広さは大体6坪になります。

トランクルーム利用者は、車で荷物を運搬することがほとんど。
そのためコンテナを設置する場所の他に、駐車スペースの確保が必須です。

コンテナ1基のみの設置でも、駐車スペースを考慮して15坪は必要だと考えておきましょう。

トランクルーム経営は初期費用が安く、管理は業者に完全に委託できます。

  • 会社員として働いているので管理できない
  • 初期費用を早く回収したい

上記のような人は、トランクルーム経営を検討してみてください。

トランクルーム経営の収益計算例

【条件】

20坪の更地

【初期費用】

1基あたりの設置費用:110万円
※1基で4部屋タイプのコンテナ

【収支概算】

4室×賃料1万円×12ヶ月×稼働率90%=年間収入43万2,000円
年間収入43万2,000円−年間コスト10万円=年間手取り33万2,000円

→実質利回り:30%

関連記事トランクルーム経営についてさらに詳しく知りたい人はチェックしてください。

【土地活用】トランクルーム経営の投資で失敗しない!初期費用からリスクまで総まとめ

②アパート経営(目安:15坪以上)

狭小地におすすめの土地活用方法はアパート経営

アパート経営は税金対策に非常に有効で、固定資産税や相続税を減額できます。

収益を上げるだけでなく、税金対策もしたい人はアパート経営がおすすめです。

ただし後述する戸建賃貸経営も含めて、初期費用が高くつくので注意しましょう。

また必然的に一部屋が狭いので、単身世帯がターゲットになります。

自己資金と立地条件には十分に考慮した上で、経営を始めるようにしてください。

アパート経営の収益計算例

【条件】

20坪の更地

【初期費用】

建築費用:4,000万円
※三階建て、1R、6部屋のアパート建築

【収支概算】

家賃5万円×6部屋×稼働率×12ヶ月=年間収入360万円

年間収入360万円−年間コスト100万円=年間手取り260万円

→実質利回り:6.5%

③戸建て経営(目安:10坪以上)

狭小地におすすめの土地活用方法は戸建て経営

戸建て経営のメリットは以下の通り。

戸建て経営のメリット

  • 家族で住むので入居期間が長く安定した収入を得られる
  • アパマン経営よりも高い利回りを期待できる
  • 管理は一戸のみで手間が少なくトラブルになる可能性も低い
  • アパマン経営よりも立地条件がシビアではない
  • 一戸建ての賃貸は数が少なく需要が高い

戸建て経営は競合が少なく、潜在的なニーズが高いです。

また居住者は基本的に定住するため、空室リスクがほとんどありません。

自己資金に余裕がある・ローン審査に自身がある人は、検討してみてください。

戸建て経営の収益計算例

【条件】

20坪の更地

【初期費用】

建築費用:1,200万円
※坪単価60万円の建築業者で建築したと仮定

【収支概算】

家賃15万円×稼働率100%×12ヶ月=年間収入180万円

年間収入180万円−年間コスト30万円=年間手取り150万円

→実質利回り:12.5%

④駐車場経営(目安:7坪以上)

狭小地におすすめの土地活用方法は駐車場経営

1台の駐車場を設置するために、必要な面積は大体7坪です。

駐車場経営を始める際は、まずは以下いずれかを選択してください。

  • コインパーキング…より稼ぎたい人向け
  • 月極駐車場…毎月一定の収入を確実に得たい人向け

おすすめなのは収益性の高いコインパーキングです。

利用者が多ければ多いほど、高い収益を得ることができます。
(関連記事:月極駐車場とコインパーキング、土地活用するならどっち?【駐車場経営の種類】

立地条件を考慮して需要が高いと見込めれば、コインパーキングを経営してみましょう。

また利用者の確保に不安がある場合は、月極にして安定した収入を得るのもアリです。

なお収益については、業者と結ぶ経営方式によっても変化します。

関連記事

経営方式の詳細が知りたい人は以下の関連記事を参考にしてください。

【駐車場経営による土地活用】7つのメリットに対してデメリットは2つだけ!

駐車場経営(一括借上げ方式)の収益計算例

【条件】

20坪の更地

【初期費用】

舗装費用:33万円
※1㎡あたりのアスファルト舗装費用の目安:5,000円

【収支概算】

3台×100円×24時間×365日×稼働率20%=年間収入52万5,600円
年間収入52万5,600円−年間コスト45万円=年間手取り7万5,600円

→実質利回り:23%

⑤商業施設経営(目安:5坪以上)

狭小地におすすめの土地活用方法は商業施設経営

土地が5坪以上あれば、以下のような店舗を経営できるはずです。

  • カウンターの居酒屋
  • クリーニング店
  • ラーメン屋
  • カフェ
  • バー
  • 弁当販売店
  • 生花店

商業施設の経営方式は、大きくわけて2つあります。

商業施設の経営方式

  • リースバック方式
    テナントに土地+店舗を貸し出して賃料を得る
  • 事業用定期借地
    土地を貸し出して地代を得る

すでに建物がある人は、リースバック方式で商業施設経営を始めることになるでしょう。

土地だけの場合は立地条件が悪いと、テナントに店舗を建てさせられないかもしれません。

また新たに建物を建ててテナントを呼べるかどうかは、よく検討するようにしてください。

商業施設経営の収益計算例

【条件】

20坪の更地

【初期費用】

不要

【収支概算】

1坪の地代目安3,000円×20坪×12ヶ月=年間手取り72万円

関連記事土地が幹線道路沿いにある人は以下の記事をチェックしておいてください。

【ロードサイド店舗経営(商業施設)での土地活用】9つのメリット・デメリットから解説!

⑥駐輪場・バイク用駐輪場経営(目安:5坪以上)

狭小地におすすめの土地活用方法は駐輪場、バイク用駐輪場

駐輪場経営は、必要な設備の設置などを業者に負担してもらえます。

そのため初期費用ナシで始めることが可能です。

車が通れないような土地や、すでに活用中の土地のデッドスペースを活かせるでしょう。

周囲に大学や単身向け賃貸がある土地ならば、優先的に検討してみてください

駐輪場経営・バイク用駐輪場経営の収益計算例

【条件】

10坪の更地

【初期費用】

不要

【収支概算】

賃料7万円×12ヶ月=年間手取り84万円

⑦看板広告(目安:1坪以上)

狭小地におすすめの土地活用方法は看板設置

看板広告は初期費用をすべて広告主が負担するので、オーナーは場所を提供するだけでOK。

活用中の土地の端や、建物の壁面・屋上などを提供することになるでしょう。

狭小地であっても往来が激しい通りに面していれば、広告効果はバツグン。

ケースによっては、相場以上の広告収入を得られるチャンスがあります。

看板設置した場合の収益計算例

【条件】

5坪の更地

【初期費用】

不要

【収支概算】

賃料3万円×12ヶ月=年間手取り36万円

⑧自動販売機事業(目安:1坪以上)

狭小地におすすめの土地活用方法は自動販売機事業

自動販売機事業は大きくわけて2種類あります。

  • スペースを提供して売り上げの一部をもらう
  • 自動販売機を購入して自分ですべて経営をする

すべて自分で行う場合は、50万円以上する自動販売機の購入や日々の管理が必要です。

そのためおすすめなのは、スペースを提供して売り上げの一部をもらう方法。
初期費用も管理も不要なので、オーナーの役目は収入を受け取るだけです。

また自動販売機事業も、他の土地活用と併用して始められます。

メインの土地活用を引き立てる、サブの土地活用として検討してみてください。

土地を貸し出す方式で自動販売機事業をした場合の概算

【条件】

5坪の更地
※設置台数:3台

【初期費用】

不要

【収支概算】

1台あたりの利益5,000円×3台×12ヶ月=年間手取り18万円

狭小地での土地活用の成功には一括資料請求がマスト

狭小地での土地活用は失敗しても、金銭的負担は少ないかもしれません。
しかし借金だけが残るような事態は、精神的にもダメージとなってしまいます。

自分だけの判断で実行する土地活用を決めてしまうと、失敗するリスクは大きなまま。

狭小地での土地活用を必ず成功に導くために、土地活用一括資料請求を利用しましょう。

土地活用一括資料請求とは?

土地活用一括資料請求は一度の情報入力で複数の土地活用プランを受け取ることができるサービス

一度の申し込みで、複数社から土地活用の資料や事業計画プランをもらえるサービス。

狭小地の具体的な広さや形状、周辺環境を勘案してベストな土地活用を提案される。

相談も含めたサービスの料金は完全無料なので、利用しないとかなりもったいない。

複数の土地活用のプロの意見から、狭小地に何がベストの土地活用か絞り込めるはずです。

一括資料請求→土地活用までの流れ
  1. 申し込みフォームに本人情報・狭小地の情報を入力
  2. 複数社から土地活用プランをもらう
  3. プランを比較検討して狭小地に最適な土地活用を絞り込む
  4. 絞り込んだプランの業者と詳しい計画を立てる
  5. 業者と立てた綿密な計画のもとに狭小地の土地活用を始める

関連記事土地活用一括資料請求についてさらに詳しく知りたい人はチェックしてみてください。

【土地活用一括資料請求とは】利用しても平気?デメリット・注意点を解説!

狭小地の土地活用プランのおすすめ比較サイトは「HOME4U」

土地活用一括資料請求会社でオススメはHOME4U

HOME4UはNTTデータグループが運営する業界最老舗の比較サイト。
ホームページからは、狭小地の土地活用案件に積極的であることがわかります。

HOME4Uの利用者

HOME4Uの狭小地での土地活用に対する見解は以下の通り。

Q. 土地が狭く、形状がよくありません。それでも何かに活用できるでしょうか。

A. マンションを建てるにはある程度の広さの土地が必要ですが、賃貸戸建経営や駐車場経営であれば、狭い土地や形状のよくない土地でも活かすことができます。 また、トランクルームやコインランドリーの経営なども、狭い土地でも運営が可能な活用方法として注目されています。

エリアなどの条件によって、活用方法はさまざまです。

まずは、「HOME4U土地活用」で複数の企業への相談から始めてみるとよいでしょう。

引用:HOME4Uホームページ「土地活用全般について よくあるご質問」

とにかく「相談してもらえればお悩みを解決できる」という姿勢がうかがえますね。

あらゆる土地に対応している業者と提携しているからこその自信だといえます。

狭小地の活用について悩んでいる人は、まずはHOME4Uへの相談から始めましょう。

\土地活用一括資料請求の利用は完全無料/

HOME4Uで土地活用資料を一括請求する

※費用はかからないから利用しても損しない!

関連記事以下の記事ではHOME4Uのメリットについてさらに詳しく解説しています。
HOME4U土地活用の評判の真相!強み6つと注意点2つを土地活用プランナーが説く

狭小地での土地活用について5つのQ&A

Q1. 変形している狭小地でも土地活用はできる?

結論からいうと、変形地でも土地活用をすることは可能です。

変形地とは?正方形や長方形、平らではない土地のことで不整形地とも呼ばれる。

  • 旗竿地
  • 三角地
  • 台形の土地
  • 傾斜地
  • 凸凹の土地

当てはまるからといって、必ずしも土地活用できないわけではない。

ただし傾斜地や凸凹の土地は、宅地造成や整地の費用が発生するかもしれません。

そうなると土地活用の初期費用がかさむおそれがあるので、把握しておきましょう。

まずは土地活用一括資料請求を利用して、プロに状況判断を仰ぐのが先決です。

関連記事以下の記事では宅地造成や聖地の費用の相場について詳しく解説しています。

土地・宅地の造成費用の相場は?工事業者選びのポイントもまとめて解説!

Q2. 狭小地に建物を建てる際に注意することってある?

狭小地に建物を建てる場合、以下のことに注意しておく必要があります。

◎狭小地に建物を建てる際に意識しておくべきこと

  • 建築するための条件を満たしているか
    →地域によっては高さ制限がある場合もある
  • 防音問題
    →隣接する住宅との距離が近い場合は防音対策を講じなければいけない
  • エアコンの室外機やメンテナンスの問題
    →敷地境界線から建物までの距離は50cm以上空ける必要がある
  • 坪当たりの建築費用が高くなる
    →狭小地に重機が入らないケースでは人件費などが高くなる

狭小地で建物を建ててから土地活用をする人は、特に頭に入れておきましょう。

Q3. 狭小地で節税対策になる土地活用って何?

狭小地で税金対策になる土地活用は、戸建て経営とアパート経営

住居を建築して土地を住宅用地にすれば、固定資産税軽減の特例を受けられます。

具体的には戸数×200㎡以下の部分の、固定資産税評価額を6分の1に減額できるんですね。

税金対策で土地活用を検討している場合は、賃貸経営がおすすめです。

Q4. 狭小地の土地活用で注意しておくことってある?

土地の条件によっては、そもそもできない土地活用があるので把握しておきましょう。

たとえばトランクルームは、都市計画区域の「市街化調整区域」内は設置NG。
(ただし地域や自治体によっては申請すれば建設できる区域もある)

トランクルーム経営ができない地域

  • 第一種低層住居専用地域
    →小さなお店、事務所兼住宅、小中学校しか建てられない地域
  • 第二種低層住居専用地域
    →小中学校、150㎡までのお店しか建てられない地域
  • 第一種中高層住居専用地域
    →病院・大学・500㎡までのお店などしか建てられない地域
  • 第二種中高層住居専用地域2階以上の建物ならOK
    →病院・大学、1500㎡までのお店、事務所などしか建てられない地域

知らずに設置してしまうと、行政処分の対象になってしまうことがあります。

土地活用を決める前に、そもそも目的の土地活用ができるのかを調べておきましょう。

先に紹介したHOME4Uを利用すれば、自分で調べる手間はないので便利です。

Q5. 土地活用ではなく売却するのはアリ?

結論からいうと、土地活用せずに売却するのも有効な手段といえます。

ただし仲介による売却では、買い手が見つかる可能性が非常に低いといえるでしょう。

なぜなら狭小地自体に魅力は薄く、仲介業者が営業などの売却活動に力を入れないから。

また仲介による売却は、狭小地でなくても買い手が見つかるまで3~7ヶ月かかります。

そのためすぐ売却して現金化できる、買取業者への売却がおすすめです。

POINT関連記事仲介による売却について詳しく知りたい人は以下の記事をご参照ください。

【不動産売却の流れ】仲介契約から売買契約、税金の支払いまで【必要書類もチェック】

トチカムおすすめの買取業者は「訳アリ買取PRO」

訳アリPROのランディングページ

訳アリ買取PROはその名の通り、訳あり物件を専門的に扱う買取業者。

買取率は驚異の100%で、どんな物件でも確実に買い取ってもらえます。

もちろん変形した狭小地でもあっても、最短7日で現金化OK

狭小地の扱いに悩んでいる人には、救世主のような買取業者といえます。

土地活用は色々と面倒と思っているならば、訳アリ買取PROとコンタクトを取りましょう。

訳アリ買取PROの無料査定に申し込む

↓買取専用ダイヤル↓
0120-849-205
営業時間:10:00~20:00(水曜定休)

ここまで解説してきた通り、狭小地でも土地活用の可能性にあふれています。

本記事で紹介した土地活用は以下の通り。

  • トランクルーム経営(目安:15坪以上)
  • アパート経営(目安:15坪以上)
  • 戸建て経営(目安:10坪以上)
  • 駐車場経営(目安:7坪以上)
  • 商業施設経営(目安:5坪以上)
  • 駐車場・バイク用駐輪場経営(目安:5坪以上)
  • 看板設置(目安:1坪以上)
  • 自動販売機事業(目安:1坪以上)

何が合っているのか・どんな組み合わせをできるのか、大抵の人はわかりません。

そのため事前に土地活用のプロに相談することが成功の第一歩といえます。

まずは土地活用の資料や事業プランを、HOME4Uに請求しましょう。

複数のプランを比較・選択して、具体的に計画をすすめれば成功の確率はグッとUP。

資料請求の申し込みフォームは1分程度で入力できます。
スキマ時間にPCやスマホから、気軽に申し込んでみてください。

\完全無料だから利用しない手はない/

HOME4Uで土地活用資料を一括請求する

※悪徳業者は徹底的に排除!安心して利用できる

スポンサーリンク

-【条件別】おすすめの土地活用方法